飲食店開業の力強い味方|コンサルタントにサポートしてもらおう!

開業に必要なこと

女性

飲食店の開業には、最低限必要とされる2つの資格があります。「食品衛生責任者」と「防火管理者」と呼ばれる資格です。「調理師免許を所持してなくてはいけない」と思っている方も多いですが、調理師免許を持っていなくても開業できます。必要な資格はこの2つの免許のみですが、いろいろな手続をふむ必要があります。手続き時に作成した書類は、保健所や消防署などに届けなければなりません。ちなみに前述した食品衛生責任者と防火管理者の資格は、およそ2日で取得できます。ただどちらも受講費が発生するので前もって予算に含めておきましょう。

飲食店の開業をする際は、飲食店専門のコンサルタントにコンサルを依頼しましょう。飲食店の開業におけるノウハウを一から学ぶことができ、さらに力強いサポートも受けられます。コンサルタントにコンサルを依頼する際まずどのようなコンセプトのお店を立てたいのか、そしてどのエリアにお店を出そうと考えているのかといったことを聞かれます。細かい部分まで決まっていたとしても、コンサルタントにアドバイスを乞うようにしましょう。ターゲットとなる客層の選択からお店のアピールポイントに至るまで、いろいろな部分にアドバイスしてくれます。出店エリアに関しても、その地域の特性、ライバル店となるお店の有無など、様々な部分にアドバイスしてくれます。「飲食店は立地で決まる」と考えているコンサルタントもいるくらいです。じっくり話し合って決めましょう。他にもコンサルタントは、開業に関するいろいろな部分にアドバイスや指摘を与えてくれます。コンサルタントに相談しながら、納得のいく飲食店づくりを果たしましょう。

手配はネットサイトで

アメニティ

アメニティグッズの手配は、何かと便利なネットサイトで行ないましょう。余計な手間暇をかけずに、簡単に仕入れられます。問い合せを図ったとき、もし販売店が商品の在庫切れを起こしていたら、数日待たされる可能性があります。

More Detail

代行サービスの大きな利点

握手

中国から商品を仕入れる際は、中国輸入代行サービスを利用しましょう。代行サービスの利用には、いくつものメリットがあります。今まで大きな弊害となっていた言語の壁を無くすことができ、さらに商品の価格交渉が図れるようになります。

More Detail

進出におけるメリット

スーツの人

親日国として知られているインドネシアには、会社設立に最適な国として知られています。消費マーケットの大きさ、将来性、費用の問題など、いろいろな部分において様々なメリットがあるのです。

More Detail